ヘルシータウンジョイ薬局ブログ
2019/10/21
「広島中医薬研究会」の定例勉強会に参加してきました。
昨日は「舌診の基礎と臨床」についての定例勉強会に参加してきました。講師は上海中薬大学付属日本校教授 高橋揚子先生です。漢方相談では、「舌」を必ず確認します。「舌」を診ることで体質の状態、疾病の性質や進退までを把握することができるからです。例えば、「舌の色」は血液循環のバロメーターとなり、白色だと気血両虚、紫色だと瘀血ではないか、といったことが判断できてきます。この他に、舌を診る時は「舌形」「苔色」「苔質」なども併せて確認していきます。本日の定例勉強会では、舌診の基礎から症例までをとても分かりやすく教えていただきました。漢方相談の際には、舌を見せていただくことがありますが、とても有用な情報が得られますので、是非ご協力をお願いします。 なお、本日の定例勉強会の後には、高橋先生を囲んでランチ会を開催しました。会場近くのイタリア料理店「カノーバカノーバ」さんでおいしい料理をいただきました。